Oriental Medicine Specialized
東洋療法専科3年 山崎 聡さん

学生時代からサッカーをやっていて、足首のねん挫などの怪我をしたときの対処としてテーピングを教えていました。そういう経験から「怪我を治す」ということに興味が湧き、何かそういう仕事はないかと探していた時に、柔道整復師という仕事に出会いました。高校卒業後、専門学校で資格取得し、柔道整復師として、4年間鍼灸接骨院で地域の高校球児やソフトボールの選手、スポーツをしている小学生の治療に携わってきました。
現場に立っているうちに、しびれなどの神経系など治療できる範囲に限界を感じ、幅を広げたいと考え、鍼灸の資格を目指すことにしました。
なにより、患者さんに鍼治療を薦めるにも、自分ではできないので、他の先生に頼むことになるのですが、患者さんに、「先生にはりをやって欲しい」と言われても、できないことが歯がゆかった事もありますね。患者さんとの信頼関係は崩したくないですし、患者さんの声が一番の原動力になったと思います。

現場から離れたくなかったので、学校は仕事ができる環境であることに重点を置きました。柔道整復師としての経験や知識も有る中、一番に技術力をつけられる事、時間に余裕がある事を考慮して湘南に決めました。また、将来的に介護にも興味がありケアマネージャーの資格※を取りたいという考えもあったので、介護の授業がしっかりと組まれていることも魅力でしたね。

湘南に入学してみると、とても明るい校風で、先生や学生、その他職員の方ともコミュニケーションが取れる環境があります。現場ではコミュニケーション能力の高い人ほど重宝に使われている事を考えると、そういう能力を高める事ができる所も、とても良いと思います。クラスも高校卒業してすぐの世代から大人まで色んな人が一緒になって勉強していますが、社会的な上下関係のない状況で、垣根なく発言しあえ、年上の方からは人生の先輩として、色んな事を学び、若い子たちの言動で初心に返ったり刺激になったりもしています。

今までは西洋医学の考えを基に治療する方法を考えてきたので、東洋の考え方が自分には難しいのでは?思っていたのですが、実際、イメージを大事にして仕事をしてきた自分には意外と合っていたようです。現在仕事をしている中で、東洋的な考え方を使って、患者さんにアドバイスをしたり、見方を変える事で分かってくることも有り、すでに知識を活かすことができています。

将来は、スポーツ外傷に関わりつつ、小さいお子さんからお年寄りの方まで来て頂ける、地域に密着した治療院を地元で開業したいと思っています。

※ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護系・医療系国家資格を持って5年以上の実務経験で受験資格が得られます。

  • 個別見学