【重要】2023年度 救急救命科 募集終了のお知らせ

湘南医療福祉専門学校

News新着情報

深澤先生のブログ「Vital energy flow#3」を更新しました

深澤先生のブログ「Vital energy flow#3」を更新しました

未だなお「新型コロナウイルス」の影響が続いています。非常事態宣言が解除された後も感染の脅威は残っているのが現状です。それでも日本人の国民性なのか、厳しいロックダウン(日本国憲法では発令できませんが)がなくても、かなりの水準で感染拡大を防げていることも事実です。


皆さんの生活様式も今までと比べると大きく変わってきたのではないでしょうか?もちろん私もです。この仕事(トレーナー業)をしている中での私の信念は「人を元気にするために自分も元気でいなくてはならない」ということであり、そのために業務中にマスクを着けることは有り得ないことだと考えていました。


しかし「人を元気にする」という主旨から考えても「感染しない」「感染させない」も重要なテーマであり、そのための手段のひとつとして「マスクの装着」は当然の行為という考えに変わっています。この考えから緊急事態宣言が発令された後の活動もどう行っていくべきなのか?について相当無い頭を悩ませました。


トレーナーとして東洋医学の従事者として、いかに感染を防ぐか?感染を拡大させないか?を考える日々が続いていました。そして、どうすれば感染しないか?どうすれば感染させないか?を見つめていくうちに、なんとなく我々がとっていくべき行動が見え始めてきたように感じています。まだまだ完璧なものではありませんが・・・

このようなこともやはり「流れ」のひとつだと思います。今現在行っていくべきことは「流れに従うこと」であり、そこから改善して向上していくことが「流れの変わり目を見極めて進んでいくこと」だと思います。流れに逆らうのではなく、流れには乗りながらより良い方向を見極めることが大切です。

流れを見極めるには「今できること」「今やるべきこと」を把握し理解し堅実に行動していくことが求められます。何事もそうですが、基本がなくては先に進めないのです。基本を蔑ろにして応用に手をだしても結果はついてきません。基本を大切にして、身に付けておくからこそ応用力が発揮され結果が出せるのです。これが「流れを見極める」という重要なポイントです。

そう考え、我々はこの自粛期間に「今現在やるべきこと」と「今できること」を明確にして、一人でも多くの人たちを元気にしていくための方法や手段を考え取り組んできました。その中の例としては、健康に関する情報をSNS等を使い発信していくことであり、リモートを使って直接相手の健康に関する手ほどきをさせていただくことでした。この発信には我々のスキルやクオリティを高く求められます。しかし、そこは日々の活動の中でも取り組んできた基本線だったので、後はさらに進化させていくことが必要となっただけですみました。


また、このような取り組みが活動再開となった今、多くの人たちに来ていただいた際に発揮されています。コロナに関する情報や対策・対処であったり、健康を維持し促進させていくための施術や運動処方が大いに役立っているように感じています。自粛期間には精神的にも辛い時期ではありましたが、多くの人たちに来ていただけ多くの人たちが元気な笑顔を取り戻してくれているところを見ると大変嬉しく思います。


まだまだ収束したわけではありません。ここで気を抜いてしまっては、今までの行動が水の泡になってしまいます。少しずつ良い流れに変わり始めています。だからこそ、もう一度危機管理を徹底して「感染しない」「感染させない」という考えと行動を続けていかなくてはと考えています。若い皆さんにとっては、不自由な世の中に不満を想う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、皆さんも東洋医学の従事者の一人です。その自覚をしっかり持って責任のある行動をとってください。世の中の人たちをたくさん元気にしてください。そうすれば、自分がどう考えどう行動すべきか?が見えてくるはずです。今は今の流れに乗る時です。必ずその流れが変わるチャンスがやってきます。その時に大暴れしてください!その時のために今を大切にしてください。



  • オープンキャンパス
  • 資料請求