深澤先生のブログ「夢に向かって#3」を更新しました!

2019年06月26日(水)

東洋医学の知識と技術を学び、ライセンスを取得することが皆さんにとっての第一の目標になっていると思います。私もそうでしたが、今まで知らなかったことを知り、ある程度そのための技術を身に付けていくと、とても楽しくなりもっと多くを知りたい!身に付けたいという気持ちが強くなってきます。

そういった興味や向上心はとても大切です。学びが楽しいということは、本当に吸収力が強く身につくということに直結しています。学生の皆さんは、これからも常に興味を持って貪欲に何でも吸収していって欲しいと思います。ただひとつお願いしたいことは、今は焦らず先ず基礎をしっかり叩き込む!身に付ける!ということに専念して欲しいということです。

世の中のほとんどがそうだと思いますが「基本より応用の方が楽しい」ものです。だからついつい応用に目を奪われてしまいがちですが、基礎・基本無くして応用は成り立ちません!私自身経験してきたことで、野球というスポーツをプレーしていて基礎ができていないのに応用的な技術の練習ばかりしてきてしまいました。だから下手くそだったんですね(笑)

皆さんの今までの人生においても、おそらく「基本を大事にしなさい」と教わってきたことがあったと思います。私も良くこの言葉を聞いてきました。ただ、長く経験していくとその言葉の意味を受け入れないようにしてきたことが思い起こされます。でも今現在は、そう教えてくれる人が私の周りにはいないので、自分で自分に言って聞かせています。

何故こんな話をさせてもらったかと言うと、冒頭に書かせてもらったように皆さんの最初の目標はライセンスを取得することですが、最終目標はそのライセンスを使って人の役に立つ仕事をすることだということを理解していただきたいからなのです。我々が対応するのは物ではなく「人間」という生身の体になります。

またそこには、意思という心も存在します。そういった他人様の心と体を相手に対応していく仕事だからこそ、生半可な気持ちや知識・技術では接することができない仕事なのです。ここで、こういうことを書くのはいかがなものか?とも思いますが、私が世の中で唯一許せないのが「リラクゼーション」という名目でライセンスの無い術者が施術していることです。

日本の法律(医事法規)がいけないのかもしれませんが、国家資格となるライセンスを持たずによく人様の体に触れられるな?と思っています。極端に言えば医師の資格を持たずに医療行為をしているようなものであり、実際にはそういう行為をした人は法律で罰せられているわけです。しかし何故、東洋医学のライセンスを持たずに整体という名のマッサージをしている人は罰せられないのか?不思議でしょうがありません。

話を元に戻しますが、とにかく「人間」の心と体を預かる以上、正しい知識と高い技術力を備えていなくてはいけないので、その知識と技術を自分自身に染み込ませるには、徹底的に基礎・基本を叩き込んでおかなくてはならないのです。その基礎・基本がしっかりしていれば、多角的に多方面から考えアプローチしていく応用のクォリティが高くなり、根拠のある施術ができるようになるのです。

だからこそ今、皆さんは徹底的に基本を覚え身に付けて欲しいと願っています。私が小学三年生で初めてプレーした野球でも、大学四年生までプレーしていると多くを知りたくさんの技術を身に付けることができました。しかし、今考えると年齢と経験を積むことでそれまでできなかったことができるようになったり、できていたことがさらにレベルアップしてできるようになったりもしましたが、それは体の成長に合わせて能力的に可能になったことばかりだったと思い出されます。

つまりは、基礎の上で成長したのではなく経験上でできるようになったことが多かったのです。でも唯一高校生の時に守備の基本を徹底的に頭と体で叩き込まれたことだけは、その後の試合というパフォーマンスでどんな状況でも発揮できるようになり、ミスをした時に何が原因でミスしたか?が理解できるようになりました。だからその次のプレーに成功することができたのです。

もし、基本を叩き込まれていなかったら何故ミスしたのか?がわからず、「俺は一生懸命やってるのに」という自分勝手な思いだけで、次のプレーの成功につなげることはできなかったと思います。このようなことは、今現在の私の仕事でも同じです。より多くの苦しんでいる人たちをなんとかしたいという想いで施術に臨む場合、施術の基本・治療の基本ができていて、そこから状況・状態に合わせた知識と技術を提供して対応できれば、自ずと良い結果に導くことができます。

そして基本がしっかりしているから、途中経過で思うような答えが出せない時に何が原因で何が問題点で答えが出ないのか?に気づくことができるのです。その原因を理解できるから良い方向に導くことができるようになるのです。こういうことができるからこそ、人のために役立つ仕事ができるようになるのです。

将来の自分のために、将来の人のために、今やるべきことは「基礎・基本」を叩き込むことなのです。どんな世界でも本当にカッコいい人は、テクニックをひけらかす人ではありません。基本が備わっていてさりげなく普通に仕事する人だと私は思います。
  • 個別見学