Oriental Medicine
東洋療法本科3年 松本 友里さん

高校時代は膝が悪く、整形外科に行っては痛み止めをもらい、安静にするように言われていたのですが、接骨院に行って電気を当てたり、ちょっとしたマッサージをしてもらうだけで改善した事が、マッサージに興味を持ったきっかけです。
高校生のころから資格を取得して一生の仕事にするという意識があり、怪我した経験と、あん摩マッサージ指圧師の資格を知った事がちょうどマッチして、この資格を取ろうと決めました。

学校を調べていく中で、湘南だけではなく東京の学校もいくつか見学したのですが、湘南は教室も実習室も広く、明るい感じが印象的でした。放課後も実技の練習ができることも魅力でしたね。学校で勉強して遅くなることがあるのですが、学校が駅にとても近いので安心感があるんですよ。

そもそもマッサージにしか興味がなかったので、はり・きゅうをよく知らなかったのですが、体験入学に参加した時に、発泡スチロールに鍼をしたり、米粒大にお灸をひねる体験をして、はりやもぐさを扱う難しさに興味がわきました。
学校に入ってから、練習を重ね、実習の時には、クラスメイトと組んで鍼をしたりされたりしていますが、今でも鍼をされるのは嫌な時もあります。しかし、嫌だからこそ分かる事も有り、はりが嫌な患者さんにもできることがあるのではないか、この経験を通して考えられたらと思っています。

一つ一つが必要だと実感しながら学ぶことができるのが楽しいです。勉強した事が次に繋がって、一つの大きな流れが見えてくると先輩方から聞いているので、その日が来るのが楽しみでなりません。
学校に入って勉強を始めてはじめて中医学や東洋療法の考え方を知りましたが、西洋医学だけしか知らなかった私にとって、初めは胡散臭さを感じたものです。それを一つずつ学んでいくうちに、それが理論づけられている事だとわかり、とても楽しいと思うようになりました。

学校に入った当初、将来の目標は「手に職をつけて開業」と答えていましたが、今はまず色んな事を身に付けて、多くのことを知った上でどの道に進んでいくかを決めたいと思っています。今は、“進む道”を見つけるために日々勉強しています。

  • 個別見学