東洋療法本科/専科

  • 森岡 裕貴
  • 鈴木 眞理
  • 山中 秀徳
  • 星 いつこ
  • 松田 信晴
  • 上野 悠香

救急救命科

  • 松井 宗一
  • 花井 篤志
  • 石渡 郁男

介護福祉科

  • 齋藤 香織
  • 川村 亜希
  • 井澤 潤
  • 佐藤 大輔

東洋療法本科/専科

森岡 裕貴

(主任)

主任の森岡です。鍼と灸に特化したカリキュラムで学べるのが専科の特徴です。3年生になった時に「総合鍼灸」と「スポーツ鍼灸」のコース選択ができるのは専科だけ。専門性の高い知識と技術を身に付ければ色々な症状の患者さんにも対応できます!そんな鍼灸師を目指して一緒に頑張りましょう!!

鈴木 眞理

鍼灸師は他の医療職よりも適応が広く、患者様に合わせて何ができるかは、いつも難しく、勉強しなくてはならないことも多いです。それでも鍼灸師として患者様の健康をサポートする仕事はとても楽しいと感じています。

山中 秀徳

はじめまして。東洋療法科専任教員の山中です。リハビリテーション医学や機能解剖学などの授業を担当しています。3年間の勉強は、ハッキリ言って大変です。その大変な勉強をこなして行く為には「資格を取りたい!」「その資格を用いて仕事をしたい!」という強い気持ちが必要です。強い気持ちを持ったアナタを待ってます!!

星 いつこ

鍼灸あん摩マッサージ指圧師は、医療系の職種なので一生勉強が必要ですが、知らないことを知るってとても楽しいですよ。東洋医学にしろ西洋医学にしろ、患者様に誠実に対応するためには必要なことです。この3年間はそのための基礎です。患者様に信頼される治療家になる為に一緒に頑張りましょう!

松田 信晴

鍼灸、あんま・マッサージ・指圧師は、患者さんとの距離が近く接する時間も長い職業です。人と関わる事が好きな方、人と話す事が好きな方、人の体に興味がある方は向いていると思います。本校は、教員と学生の隔たりがあまりなく、話しやすい環境だと思います。興味のある方は是非気軽に見学等来てみて下さい。

上野 悠香

鍼灸あん摩マッサージ指圧師は、患者様の抱える様々な困難に共感し、それを治療する最善の方法を考え実践していくという、とてもやりがいのある職業です。学ぶべきことは幅広く、難しいと感じることもあるとは思いますが、本校には教員と学生が気軽に話し合え、楽しくのびのびと学べる環境が整っています。もしこの世界に目標が見えたなら、ぜひ共に学んでいきましょう!

救急救命科

松井 宗一

(主任)

救急救命科の松井です。本校の専任教員は全員が元消防職員です。将来、国家試験合格に加えて地方公務員試験合格を希望する学生さんが多いと思いますが、本校ではその両面からサポートしていこうと考えています。特に、地方公務員試験合格後についても消防職員として戸惑わないような実習授業を展開しています。

花井 篤志

はじめまして。救急救命科の花井篤志と申します。
救急救命士という仕事は医療従事者でありながら最初に傷病者に接触する職種であり、病院外で真価を発揮するという特別な仕事だと思います。本校は救急救命士として実戦に必要な知識、そしてそれに裏打ちされた確実なスキルを習得することができる場所です。
ぜひ、本校で一緒に病院前救護のエキスパートになりましょう!

石渡 郁男

救急救命科の石渡です。
救急救命士を目指している皆さんに、必要な知識・技術の習得を第一の目標に、基礎そして応用までを学べる最高の環境を提供しています。
さらに専任教員が実際に体験・経験した事案などを通して、実際の現場活動を想定した自らが考える授業のカリキュラムもあり、充実した授業内容で救急救命士の誕生を全力でバックアップしていきます!

齋藤 香織

(主任)

こんにちは、齋藤香織です。特別養護老人ホーム、ディサービス勤務を経て教員になり、生活支援技術と実習を統括しています。介護は実践の学問です、勉強もしますが知識を発揮できる技術も重要です。自然と動きが身に付き、利用者のその人らしい生活を支援する方法を考え、提供できる介護福祉士になってほしいです。

川村 亜希

一番大切にしていることは『気持ちの切り替え』。勉強する時はする、楽しいことは人一倍楽しむ。湘南祭では毎年学生とバンドを組んでライブをしています!介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員、住環境コーディネーター2級の資格と現場の経験を活かし、分かりやすい授業をお約束します。

井澤 潤

湘南医療福祉専門学校は最寄り駅から徒歩2分。絶好のアクセスです。このアクセスを活かして、勉強はもちろん趣味やアルバイト等、様々な活動をして充実した学生生活を送って下さい!学生時代の様々な経験は、卒後の社会人生活にも活きるはずです。是非、湘南で充実した学生生活を送って下さい!!

佐藤 大輔

「どうして介護の学校なのに看護師がいるの?」と、よく聞かれます。その理由は、実践的な介護を行う上で、病気や障害、薬や医療器具の使用方法等、幅広い知識や技術が介護に求められているからです。看護と介護が協力して、人を「ケア」することができたらいいなと思って います。

  • 個別見学