はり・きゅうを専門的に学び
様々な症状に対応できる治療家に!!

東洋療法専科について

「はり」「きゅう」について深く学べるのが特徴の専科。西洋医学の医師は内科、外科、小児科など分野ごとにわかれていますが、鍼灸師が治療の対象とする分野は一般的にはあまりわけられておらず、広く様々な症状に対応することが求められます。卒業し、即戦力となる鍼灸師として働くためには、臨床に活かせる治療法を身に付けておかねばなりません。東洋療法専科では臨床で活かせる技術と、さらに専門性を高めるためにコース別のカリキュラムを設定しています。

東洋療法専科のポイント

1将来の希望に合わせた
コース選択制
1、2年生で基礎をしっかりと学んだからこそできる応用技術。 専門性を高めるために「スポーツ専科」と「総合専科」のどちらかを選択し、より深く学んでいきます。将来、東洋医学をどのように活用していくかも見えてくる3年次に、自分自身がもっと深く学んでいきたいと思う方向を選び勉強できるのも東洋療法専科ならではです。また両コース共に、既に臨床で活躍している人に指導するような、一流の治療家を迎え授業を行なっています。

<スポーツ専科> アスリートを支援する鍼灸師を目指す
最近では、様々なプロやアマチュアのスポーツ選手が厳しい練習を乗り切り、試合でのパフォーマンスを上げるために鍼灸治療を利用しています。身体を壊さず、より良いパフォーマンスが行えるように選手を支援する為には、治療ができ、かつスポーツ特有のトレーニングやケガに対する知識を身に付けていることが必要です。スポーツ専科では、鍼灸による治療法はもちろん、コンディショニングや鍼灸以外の治療法について「スポーツ鍼灸学」「ベッドサイド療法」「フィットネストレーニング」「ストレッチング演習」などの講義を設けています。

<総合専科> 総合診療医ならぬ「総合鍼灸師」を目指す
鍼灸院には様々な症状の患者さんが来院されます。内科疾患から整形外科疾患、泌尿器科疾患、産婦人科疾患など多岐にわたり、それぞれの患者さんにあった治療法を考え組み立てなくてはなりません。その為、授業では様々な症状を例とし、その症状に対してどう治療を行っていくのかを具体的に学んでいきます。
身体を詳しく知り、目を養い、技術もつける。多種多様な症状に対し自信を持って対応できるような臨床力を身に付けていきます。
2基礎をしっかり身に付ける
「はり」「きゅう」実技
東洋療法専科も実技授業を大切にしています。本校では「はり」と「きゅう」の授業は別々に設定し、鍼灸どちらの技術もしっかりと身につけることができます。
例えば、1年次の「基礎はり実技」の授業では、まず銀製の鍼から始めます。治療の際はステンレス製の鍼を使用することが多いのですが、ステンレス製に比べ銀製の鍼のほうが柔らかく扱うことが難しいのです。敢えて銀製の鍼から始めることによって基礎力を上げることができます。基礎をしっかりと固めておけば、応用であるスポーツ分野でも美容分野でも自分が興味を持った分野に自信を持って進むことができます。まずは基礎になる部分を、時間をかけて学んでいきます。

目指す資格

●はり師(国家資格) ●きゅう師(国家資格)

■時間割例

 
1
9:20~10:50
東洋医学
概論Ⅰ
基礎
解剖学Ⅱ
基礎
解剖学Ⅰ
ウェルネス
コーチング
職業倫理学
2
11:00~12:30
経絡
経穴学Ⅰ
基礎
はり実技
東洋医学史 医療
英語
基礎
生理学
3
13:30~15:00
   基礎
きゅう実技
  運動器
実技
 
4
15:10~16:40
  生物学      

※この時間割はスケジュール例になりますので、実際のものとは異なります。

  • 学科紹介
  • 東洋療法本科
  • 東洋療法専科
  • 救急救命科
  • 介護福祉科
  • 個別見学